2018年07月18日

蕁麻疹で皮膚科に行ってみた体験

月曜日の朝。朝から痒い。

夜中、痒くて目が覚めたりしたので、つらい朝でした。

魚の目でもお世話になった皮膚科に駆け込み、症状を訴えました。

あの、一昨日から、とにかく全身にこういうのが出て痒くてたまらないんです。

「蕁麻疹、ですね」



スポンサーリンク









「蕁麻疹は、飲み薬で治します。飲んでみて、治らなかったら、また来てください」

はい。飲みます。早く治したいです。

「とても痒いと思うので、補助的に軟膏も出します。このくらい、出して塗ってください」

女医さんは、軟膏を手にたっぷりと塗りつけて見せてくれました。

出た薬は、抗ヒスタミン剤と、ステロイドの軟膏。

うちに帰ってからネットで調べると、かなり強力なステロイドでした。

先生、自分の手の甲にたっぷり塗ってたなあ・・・いいのかなあ・・・。

でも、兎にも角にも、全身痒み地獄なのです。

ステロイドの是非など考える余裕もなく、蕁麻疹に軟膏を塗り、抗ヒスタミン薬を飲みました。

真面目に、言われたとおり薬を使ったのですが、依然として、かゆみ地獄は続きます。。。

こんな強いステロイドを塗っても、かゆいって、どういうことなんだろう?

痛みも地獄でしょうが、かゆみも地獄です。

イライラして、どうにもなりません。

ああ、いつまで続くのか、この地獄・・・。

スポンサーリンク

posted by てれん子一家 at 18:33| 蕁麻疹を治す体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする