2018年11月25日

ドライアイの予防法

要は、目が乾かなければ良いのですが、具体的にどんな方法が考えられるでしょうか。

でも、たいていの人は、症状が出てからあわてるのです…


スポンサーリンク









意識的にまばたきの回数を増やす

テレビやパソコンの画面を集中して見ている時は、まばたきの回数が4分の1に減ると言われています。

まばたきは、目に涙を運ぶという重要な役割があります。

まばたきの回数が減ると、目の表面を保護する涙の量が減り、ドライアイとなってしまうのです。

意識的にまばたきを多くするように、心がけましょう。

ドライアイの症状が出る前から、意識することが重要です。

なかなか難しいことですが。


スポンサーリンク









ドライアイ用コンタクトレンズを使う

ソフトコンタクトレンズは涙を吸収し蒸発させるので、長時間装用するとドライアイになりやすいと言われています。

ソフトコンタクトレンズを使用する場合、ドライアイに配慮した、レンズ自体の保水力を高めている製品を選びましょう。

また、レンズの汚れは乾燥の原因、つまりドライアイの原因となるので、汚れがつきにくいタイプや、装用期間が1日の製品を選ぶと良いでしょう。

(例)ワンデーアキュビューモイスト、メダリストⅡ、O2オプティクス、など

ドライアイ用に限らず、コンタクトレンズを選ぶときに、レンズが目のカーブにきちんと合っていることは、とても重要です。

できるだけ信頼のおける眼科に、相談しましょう。

スポンサーリンク

posted by てれん子一家 at 19:00| ドライアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする