2018年11月28日

鼻づまりを解消しよう

花粉症やアレルギー性鼻炎の鼻づまり、あきらめていませんか?

不快な鼻づまりをスッキリ解消できる治療があります。
レーザー治療や、最新のラジオ波凝固治療で、鼻孔を拡げて、鼻づまりを解消しましょう。


スポンサーリンク









鼻づまりの原因

鼻づまりの原因は鼻水が鼻に詰まっていることだと思っていませんか?

いいえ、原因はそれだけではありません。

花粉症やアレルギー性鼻炎が原因の鼻づまりでは、鼻の奥が炎症をおこし腫れてしまい、空気が通らなくなっているのです。

そのため、いくら鼻をかんでも、鼻に空気が通りません。

鼻をかみすぎると、鼻の穴がこすれて痛くなりますよね。

それよりも、炎症をどうやって抑えるかが問題なのです。


スポンサーリンク









鼻づまりによる口呼吸

鼻づまりだと、どうしても口呼吸になってしまいます。

口呼吸が健康に及ぼす悪影響はたくさんあります。

・いびき、睡眠障害
・のどの痛み、乾燥、口臭
・歯並びへの悪影響
・免疫力の低下、アレルギー症状

口呼吸は、鼻というフィルターを通さずに細菌やウイルスが多く混じった空気が直接のどに入ってくるため、免疫力が落ち、疲労感が増すと言われています。

それに対して鼻呼吸は、集中力が高まり、睡眠の質も上昇するのです。

鼻づまりを解消して鼻呼吸することは、すっきりして気持ちがいいだけでなく、健康のためにとても良いことなのです。


スポンサーリンク









鼻炎薬や点鼻薬で鼻づまり解消

市販の鼻炎薬(主成分が抗ヒスタミン剤)を服用すれば、一時的に鼻づまりの症状が緩和されますが、眠気の出るものが多いため、注意が必要です。

病院で処方される鼻炎薬には、眠気の出にくい新しいタイプの抗アレルギー薬もあります。

市販の鼻炎薬にも、新しいタイプの抗アレルギー薬を主成分としたものが増えてきました。

ただし、鼻炎薬は「くしゃみ」や「鼻水」には効果が出やすいと言えますが、「鼻づまり」には効果が出にくい場合があります。

鼻づまりを一時的ににスッキリさせたい場合は点鼻薬が良いでしょう。

また、いずれも根本的な治療薬ではなく、一時的にアレルギーによる炎症を鎮める作用しかありません。

薬を飲むのをやめると、元の鼻づまりに戻ることになります。


スポンサーリンク









レーザー治療で鼻づまり解消

鼻の粘膜にレーザーを照射することによって、鼻の粘膜を縮小させる手術です。

鼻の粘膜が縮小すると、その分鼻孔が広がり、鼻づまりが解消されます。

手術といっても、レーザーを照射する時間はほんの数分で終わってしまいます。
(事前の麻酔などを含めても1時間程度。)

鼻づまりへの効果や、持続期間には個人差があります。
人によってはほとんど効果がないため、繰り返し治療を行う必要がある場合もあります。

費用は医療機関や保険適用の有無にもよりますが、約5千円~2万円程度でしょう。


スポンサーリンク









ラジオ波凝固治療で鼻づまり解消

ラジオ波凝固治療では、鼻の粘膜に専用の細い針を刺し、ラジオ波で熱を発生させて、粘膜の内側の組織を収縮させます。

組織が収縮した分、鼻孔が広がり、鼻づまりが解消されます。

レーザー治療と同様に、治療にかかる時間はほんの数分で終わります。
(事前の麻酔などを含めても1時間程度。)

このラジオ波凝固治療のメリットは、レーザー治療より深い組織を収縮させるので、収縮効果が大きいことです。

そのため、レーザー治療よりも鼻づまり解消の効果が長く持続します。

個人差はありますが、だいたい数年は効果が続くと言われています。

治療後は、焼けた粘膜から出血したり、瘡蓋(かさぶた)ができたりするため、定期的な通院が必要です。

治療後約1ヶ月ほどで粘膜の腫れがひき、鼻づまりが解消します。

費用はレーザー治療とほぼ同じ程度で治療することが可能です。


スポンサーリンク

posted by てれん子一家 at 19:00| 鼻づまり解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。