2018年12月02日

魚の目と開帳足

開帳足って知っていますか?

足の人差し指、中指あたりの付け根に魚の目ができている人は、開帳足であることが原因である可能性があります。

一般的に開帳足の人は魚の目やタコができやすい、とも言われています。

開帳足について、その原因や直し方を紹介します。


スポンサーリンク









魚の目と開帳足の関係

足の裏には3つのアーチがあります。

縦のアーチは土踏まず(親指側と小指側の2つのアーチ)、横のアーチは親指の付け根から小指の付け根にかけてあります。
このアーチが足の裏のクッションとなって、衝撃を和らげているのです。

親指の付け根から小指の付け根にかけてのアーチが無く、ぺたっとした状態の足を開帳足といいます。

アーチは筋肉や靭帯によって支えられているのですが、長時間立ちっぱなしの仕事をしていたり、または運動不足で靭帯がゆるんでいたりすると、アーチが崩れ、指の付け根がぺたっと地面についた状態になります。

そして足はどんどん横へ広がっていき、本来の足の幅よりも広くなってしまうのです。

女性はヒールの高い靴を履き、指の付け根部分に圧力がかかるため、開帳足になりやすいと言われています。

開帳足になると、足の裏のクッションが無く、足の付け根部分にかかる圧力も大きくなるので魚の目ができやすくなる、というわけです。


スポンサーリンク









開帳足を直して、魚の目をなくそう

開帳足は、ある程度は自分で治すことが可能です。

タオルを床に敷き、足の指でタオルをたぐり寄せる動作を繰り返します。

タオルなしで、足の指だけを動かして、足を前に進める動きをしても構いません。

この動作を、毎日2,3分程度やってみましょう。

アーチを支える筋肉や靭帯を鍛え、足の血行を良くする効果があります。

また、テーピングで足のアーチをサポートすることも可能です。

足の付け根部分にテーピングで横アーチを作れば、長時間の立ち仕事や歩行による足の疲れを軽減し、魚の目も予防することができます。

フットケアサロンなどでテーピングの方法を教えてくれますので、興味のある方は探してみてください。

横アーチのテーピングは比較的簡単ですので、一度教えてもらえば、自分で毎日ケアすることができます。

テーピングが面倒だと思う場合は、履くだけで横アーチをサポートしてくれるサポーターもありますので、試してみてください。

「外反母趾対策サポーター」とありますが、外反母趾も開帳足が悪化した結果のひとつといえるのです。
パンプスも履ける薄型もあります。


薄型で通勤・通学時も!送料無料メール便!ソルボパワーメッシュ

posted by てれん子一家 at 19:00| 魚の目を治す体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

自分でできる魚の目対策

魚の目は、早めに医師の治療を受けることが大切です。

でも仕事などで忙しいときは、なかなか治療に通うのも難しいですね。

そんなときは、魚の目対策グッズを利用して少しでも痛みを和らげましょう。

治ったあとの予防ケアも重要です。


スポンサーリンク









魚の目用角質削り

角質を削る道具としては「やすり」がメジャーですが、「やすり」はあまりおすすめできません。

まず、やすりをかける際の刺激が、気になります。ゴシゴシやすりをかけるのは痛いし、その痛みで余計に角質が厚くなってしまいます。
それに、魚の目やタコのような小さい部分を削るのには、やすりはあまり向いていません。

部分的に角質を削るのに便利なのが、この皮むき器のような形のレザーです。

一見、削ると痛いのではないか?と思いわれがちですが、足の裏の固い皮膚を削る分には全く大丈夫です。

ただし、うまい具合によく削れるので、削りすぎには十分ご注意ください。

表面を軽く削って、魚の目パッドを貼れば応急処置は完了です。


ツヴィリングJ.A.ヘンケルス 魚の目・角質削り 安全クリップ 替刃10枚付

靴に中敷を敷いてみる

魚の目ケアで重要なのは靴選びです。

きちんと足に合った靴を履いていれば、魚の目を確実に予防できますし、また、不思議なことに、一旦できてしまったタコも自然と消えていたりするのです。

履いていて足の痛くなる靴は、できるだけ履かないことが大事です。

デパートの靴売り場では、よくコンフォートシューズのコーナーがあります。
また、オーダーあるいはセミオーダーの靴も作れるようになっています。

が、オーダーの靴はかなり値段が高く(数万円するものが多い)、コンフォートシューズはデザイン性に欠けた靴が多いのではないでしょうか?

中には外国製のおしゃれなコンフォートシューズもありますが、カジュアルなデザインなので通勤などには向かないものがほとんどです。

とりあえず、
今持っている靴を快適にするには、中敷をうまく使うのがいいと思います。

中敷はクッション性があるほうが快適ですが、あまり厚みがあると靴がきつくなってしまいます。
この中敷は、クッション性と厚みのバランスがちょうど良いので好評です。

男性用 26.0-26.5cm
女性用 23.0-23.5cm 黒




ヒールを履く女性へ 透明なすべり止めシート

サンダルの場合、足裏ケアがしたくても、靴の中敷というわけにはいきません。

でもヒールのあるサンダルは、ストッキングでつま先方向へ足が滑ってしまい、足先の部分の魚の目が痛んだり、新たに魚の目やタコができてしまったり・・・

困りますよね。

私は、サンダルには、透明なすべり止めシートを使っています。

粘着テープで止めなくても固定できるので、1枚あれば使いまわせます。

しかも、簡単に水洗いできるので、清潔に保つことができます。

薄いですが適度にクッション性もあり、使うとずっと足がラクになります。

すべり止めシート 透明
すべり止めシート レース白



posted by てれん子一家 at 19:00| 魚の目を治す体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

魚の目=イボはうつることがあるので、注意!

魚の目、という名前は芯が魚の目のように見えるからついた名前ですが、

ウイルス性のできもの、という意味では、「イボ」なのです。

このイボ、うつることがあります・・・


スポンサーリンク









私は、最近、金属アレルギーがあって、

ネックレスをつけて、汗をかくと、首すじが、痒くなります。

その、痒くなった場所に、ある日、プツンとできものが・・・

なんだろう?と思っていると、また、1つ、2つとできものが増えていきます。

皮膚科に通っているときにできたので、ついでに診てもらうと、やはり・・・

「イボですね」

イボってことは、効く薬とかは、ないってことですよね?

「はい、薬は効かないので、液体窒素です。」

そして、首すじを液体窒素でジューッ!とされました。

しばらくは、痛痒い状態で、何度がやってもらうと1か月くらいで治りました。

ちなみに、娘の足にもイボができ、一緒に通院しましたが、

これも液体窒素で2か月?くらいで治りました。

やっぱり、イボもできてすぐにお医者さんにいけば、早く治るのは本当のようです。

10年選手のイボは、角質の奥深くに浸透しているのか、なかなか治りません・・・。

どうやって、うつるのを防ぐことができるのか?よくわかりませんが、

多分、傷口があると、そこにウイルスが侵入するのでは?と思います。

私は、金属アレルギーの炎症からうつって、娘は靴ずれからうつったのではないかと。

傷は早く治す!ってことでしょうかね?
posted by てれん子一家 at 17:27| 魚の目を治す体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする