2018年10月05日

ウレタン剥がし その4:1日前

私は今は40代男です。
愛用していたレインウェアをなんとかしようと立ち上がった私の前に広がった光景とは…


スポンサーリンク









新兵器「ぬるま湯」

中途半端なまま、重曹水に漬け込んでいたレインジャケットですが、やっぱりどうにかしないといけないので、再びゴシゴシを始めました。

しかし、今回はひとつ下調べをしていました。
重曹は「ぬるま湯」の方が効果が高い!
らしいのです…

で、多少の期待を込めて、「ぬるま湯」の重曹水を作って、ゴシゴシしてみたところ…

確かに効果がある!
ずいぶん剥がれやすくなった!

漬け込み効果がどの程度あるのかが何ともわかりづらいのですが、「ぬるま湯」は明らかに効果がありました。

下の写真がゴシゴシしている最中のジャケットです。見る間にウレタンが剥がれています。
PeelingFragment.jpg


スポンサーリンク









ついに栄光の完璧剥がし

これで積年の目標が達成できるのでは?
という思いで、どんどん頑張れる自分…

2時間ほどかかりましたが、
ついに、剥がしきりました!
写真を公開します!

写真1枚目は表です。
剥がし前と取り立てて変化はなく、思ったより生地も傷みませんでした。
MyRainJacket.jpg

写真2枚目は裏です。
これだけ見ると、表とさして変わりませんが、本当は、灰色のウレタンで全面覆われていたんです! ほぼ完璧に剥がした!
AfterPeelingOff.jpg

もし、
ウレタンが剥がれたジャケットを持っていて、面倒だから捨ててしまえと思っていても、
まだ捨てていないなら、
ダメもとで、
剥がしてみませんか。

かつてない自己満足が得られるかも。

posted by てれん子一家 at 19:00| ウレタン剥がしの体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

ウレタン剥がし その3:3日前

私は今は40代男です。
3日前のそのとき、愛用していたレインウェアを復活させようと、私は立ち上がりました。


スポンサーリンク









重曹が必要だと気づく

かっこ悪いと思い始めて、早、数年。
結局、ずっと放置してきたレインジャケットですが、ここにきて、やっぱりかっこいいから使いたいな…と思い始めました。

でも、このままではフケみたいだ…

そうだ! 全部剥がそう!

どうやったら簡単に剥がれるのか?
どうやら、重曹を使うのが安くて効果があるらしい…

でも、なんでウレタンはがしに重曹が効果あるのか???

むむむ、よくわからない!
でも、とにかくやってみよう!

ということで、家にあった重曹を探し出して、とにもかくにも挑戦を始めました。


スポンサーリンク









ゴシゴシしてみる

風呂場で、洗面器の中に重曹水を作り、漬けながらゴシゴシしてみました。

ちなみに、ゴシゴシするためにスコッチブライト(ナイロンたわし)を使いました。

こうすれば、どんどん、ズルズル、剥がれるはずだ!
しかし…
期待に反して、それほどでもない…

もちろん重曹水を使わないよりも使った方が、明らかに剥がれやすくなりました。
でも、期待したほどではないんだよな…

あー疲れた、今日は終わり!

ということで、中途半端なまま、重曹水に漬け込んだ状態で放置して、やめてしまいました。
しかし、これが、
後日、良い効果をもたらします。

posted by てれん子一家 at 19:00| ウレタン剥がしの体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

ウレタン剥がし その2:6年前

私は今は40代男です。
6年前のそのとき、愛用していたレインウェアを着ようとしていた私が気づいたのは…


スポンサーリンク









裏地が剥がれ始めている

フードの中で、口元に近い部分から、ウレタンの裏地が剥がれ始めているじゃないか!

まあ、確かに、何の手入れもしていないので、口元が一番先に汚れてしまって、ウレタンの劣化が早まった、ということね…

しかし、こう、何か、灰色のフケみたいなものがポロポロしてくるのです。

何か、汚らしいなぁ、いっそ、爪でこすって、剥がしてしまえ!

ということで、こすり始めたら、すぐに、10円玉大の大きさにまで広がりました。
でも、それ以上は大きくなりませんでした。

しめしめ、
これぐらいなら、外から見えないな。
まだまだ、
このかっこいいジャケットが使えるぜ…


スポンサーリンク









拡大する加水分解

この時点で買ってから2年しか経過しておらず、ちょっと劣化が早いなぁ、と思っていました。

でも、この程度なら、そんなに気にならない。
このまま行くぜ…

とは、ならなかったんですね。
一度始まった加水分解を止める方法はないようです。

最初は10円玉大だった剥がれは、汚れやすい首筋に沿って、徐々に拡大していきます。

モグラの穴が横へ横へ伸びていくイメージ。

その後、さらに2年程度の間に、右の口元から首筋をグルッと回って、左の口元まで、剥がれが一周してしまいました。

こうなってしまうと、フードの中とはいえ、外から見えてしまいます。

うむむ、、かっこわるい。


posted by てれん子一家 at 19:00| ウレタン剥がしの体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする